お薦めのアンチエイジング方法 食べ物 飲み物 サプリメント コスメ ボディケア 化粧品 おすすめランキング

年齢はどこに出やすい?

いつまでも若くいたい!

 

歳を重ねるのがイヤ!

 

みなさんが鏡の前でふと思ってしまう悩み・・・。

 

「美しくあり続ける」という事は世の女性が持つ永遠のテーマです。

 

しかし、歳を重ねれば色んなところに、しわ、しみ、くすみ、たるみが刻まれていきます。

 

そこで今回は年齢が出やすい場所3チェック!をご紹介します。

 

鏡の前で顔色&下からチェック!

「こんな事毎日しているわよ。」と思われがちな、この行為。

 

「顔色が悪い」と思っても、「寝不足」と片付けてしまっていませんか?

 

顔色が悪いのはくすみのせいかも?!

 

 

手鏡を顔の前に持ち、そのまま腰を前に少し倒してみましょう。

 

その顔が3年後の顔です。

 

口元にほうれい線が出ていませんか?

 

ほうれい線は「老い」の象徴なのです。

 

 

鏡にぐっと近寄って目元、口元をチェック!

目元、口元に小さなしわがありませんか?

 

このしわは小さいので大丈夫だろうと安心してはいけません。

 

このしわこそ夕方の顔が5歳老けて見える原因なのです。

 

大きなシワになってからでは取り返しがつきません。

 

 

目の下がくすんでいませんか?

 

目の下のクマと片付けている人も多いはず。

 

実はくすみが蓄積されたものかも?!

 

 

起きてすぐの枕元、頭皮のにおいをチェック!

意外に忘れがちな頭髪チェック・・・。

 

 

枕元にたくさんの頭髪が落ちていませんか?

 

頭髪にハリ、コシはありますか?

 

なんだか頭皮が脂臭くありませんか?

 

 

一番初めに年齢が出る場所ですが、早く簡単に修復出来る場所でもあるのです。

 

 

みなさんはいかがでしたか?

 

毎日している事でも意外に意識しながらチェックはしていないものです。

 

自分自身の「今」を知って年齢を感じさせない女性であり続けたいものですね。

そもそもアンチエイジング。。。って何?

アンチエイジング

 

薬局や化粧品売り場で必ず目にする言葉です。

 

実際のところ、みなさんは「アンチエイジング」の意味を理解していますか?

 

「なんとなく雰囲気は理解できるけど・・・。」という方が多いのではないでしょうか?

 

この意味を理解せずにケアをしていても全く意味がありません。

 

 

これを訳すと「抗加齢」。

 

「しわ、しみなどが出来ないようにする!」という意味です。

 

 

最近では色んな成分が開発されており、しわ、しみを隠すという商品よりもしわ、しみを防ぐ為の商品が多くなりました。

 

それだけたくさんの女性がアンチエイジングに興味を持っているということですね。

 

昔から「アンチエイジング=保湿」というのが鉄則!

 

これは今も昔も変わりません。

 

肌の乾燥はしわ、しみだけでなく髪の毛にも大きな影響を与えており、医学的根拠もあることから、まずは保湿が一番の近道と言われています。

 

しかし保湿をしていても、思った以上に乾燥していたりと、なかなか細部にまで手が届かないのが現実。

 

 

そこで、今一番注目されているのが「女性ホルモン」。

 

代謝を促す「エストロゲン」、妊娠などを促す「プロゲステロン」。

 

この2つが上手にバランスが取れていると、肌の新陳代謝はもちろん、しみやしわ、くすみなどを防いでくれるのです。

 

しかし、その女性ホルモンも32歳を境に急激に減り始めていきます。

 

その減り始めた女性ホルモンを充填させるための化粧品やサプリメントも開発され、保湿化粧品と共に根強い人気です。

 

 

アンチエイジングは必要不可欠なものですが、特別な事ではありません。

 

一番大事なのは継続して行うという事。

 

みなさんは自分に合ったアンチエイジングに出逢えていますか?

エイジングケアとは?何故必要?何歳から必要?

エイジングケア

 

なんとなく使っている言葉ですよね。

 

「アンチエイジング」の為のケアという意味ですが、みんなが使っている言葉だけに、なかなか聞けない疑問も多いはず。

 

今回は素朴な2つの疑問をご紹介いたします。

 

エイジングケアは何故必要か?

根本的な問題ですね。

 

エイジングケアをすることが当たり前の現代。「何故必要か?」とは聞きづらいですよね。

 

「何故必要か?」この答えは簡単です。

 

誰でも若く見られたい!

 

人間は生きている以上、女性ホルモンも成長ホルモンも減少していきます。

 

それ自体が「加齢」なのです。

 

エイジングケアはその加齢をストップさせ、遅らせる為には必要不可欠。

 

つまり・・・「努力して勝ち取る若さ」ということですね。

 

 

エイジングケアを始めるのは何歳から?

これはとても大事な質問です。

 

20歳はお肌の曲がり角

 

そう言いつつも・・・若い時には加齢を進める甘い誘惑ばかり。

 

やっと余裕が出てきた頃、顔を見て「ケアしなくては!」と焦るのです。

 

しかし、その頃には脳下垂体から分泌される成長ホルモンは分泌されにくくなっており、老化一直線。

 

成長ホルモンは17歳をピークに分泌量が減りますが、25歳位までは肌の新陳代謝は行われ、肌のハリに必要なコラーゲンも新しいものに変わっていきます。

 

しかし40歳の頃の成長ホルモンの分泌は10代の頃の4分の1。

 

つまり・・・エイジングケアは成長ホルモンの減少を遅らせるためのものなのですから、20歳頃から始めて、早すぎるということはないのです。

 

 

「何故必要?」「始めるのは何歳から?」と人には聞きにくい質問をまとめてみました。

 

その反省を踏まえつつ今のケアを見直してみるのもいいかもしれませんね。

 

なお、当サイトでは必ずしも効果を保証するものではありません。
ご自身の体調、ご年齢に合わせて適切なエイジングケアを行っていただくことをお勧めします。

 

☆☆おすすめサイト☆☆
美容・健康にいいといわれているオリーブオイル。
その効能や効果的な使い方を解説したサイトです。
⇒ オリーブオイルの効能や意外な使い方をご紹介します!

アンチエイジング・エイジングケアの総合情報

<スポンサードリンク>